出産後の体型をキレイにするためにやったこと

※この記事は育児ブログから移動してきた記事(+α)です。ちなみに育児ブログは削除しました※

「出産したら体型が崩れる」という話があります。
実際、自分の母親なんかを見ていても、おかん体型というか、丸くなってますよね。
私、それがホントに嫌で。
出産が近づいてきて「妊娠前の身体にちゃんと戻るんだろうか?」 という心配で色々調べたんです。
病院で見かける子ども連れのお母さんの中にはものすごくスレンダーな人だっているし 、結婚出産した芸能人の方々は綺麗な体型のままだし、何かしら方法があるんだろうな、と。
それで調べて見つけた言葉で吃驚したのが、

「出産は体型をキレイにする絶好のチャンス!」

目が点でしたね。
出産なんて体型崩すものだと思ってましたから。


何をどうしたら、チャンスなんだ?ということを簡単にまとめると

  • 体型をキレイにする為には、骨盤をキレイな形にするとよい
  • 出産直後は骨盤が開いた後なので骨盤が動きやすくなっている
  • 産後の骨盤矯正で体型を調整出来る

という事らしいです。
骨盤矯正ダイエットとか、聞いたことあるなーなるほどなー、と思い、産後すぐに使える骨盤矯正ベルトということで「犬印本舗 産後リフォーム 産後リフォームセット」を購入しました。

それから実際に出産。
出産の際に出血が酷くて極度の貧血になってしまい、用意した矯正ベルトは

「締め付けが強すぎるかも。貧血が酷い状態では使わないでください」

とのこと_(:3 」∠ )_
どうもサイズを間違えて買ったみたいで、医師から使用許可が下りませんでした。
しかし、骨盤矯正もしたいが産後の腰痛(骨盤がぐらぐらしてるので痛い)が酷かったので、病院から「トコちゃんベルト」を借りることが出来ました。
先に買った方は退院後にお腹が少しへっこんできてから自宅で使いました。

骨盤が安定してからは、産後ひっこめショーツのお世話になりました。
もちろん、こういう物に頼るだけでなく、産褥体操をしたり、泣きじゃくる子どもを抱っこしてスクワットしたり腰回ししたりしてました。
また、母乳育児も産後ダイエットにはいいらしいですね。
母乳出す為に沢山食べてましたが、体重がぐんぐん減っていって面白かったです。

そうして、出産から6ヶ月くらいで、妊娠前の体型に戻りました。
寧ろ、細くなりました。
パパには「妊娠前より脚が細い」といわれたり、エステティシャンの友人にも「30で尚かつ子ども産んでる体型じゃないわ」と お褒めの言葉をいただきました。嬉しい。< そんなわけでまとめますと

  • 産後は骨盤ベルトで骨盤が動かせるうちにキレイな位置に動かす
  • 産褥体操をしっかりとやる
  • なるべく母乳をあげる
  • 子どもを抱っこしてスクワット
  • 子どもを抱っこして腰回し
  • 子どもをあやす時間=ダイエットタイム

こんな感じですね。
母乳をあげてる間は体重が減っていきましたが、離乳食が始まり、すこしずつあげる回数が減ってくるとあまり減らなくなってきます。今まさにそんな感じです。
卒乳が近づいてきてるようなので、ここで怠けず、体型維持を頑張りたいです。

ここから卒乳後の話

上記までを育児ブログで書いていたんですが、その後の心配していた卒乳してからの話。

卒乳自体はありとあっさり卒乳しました。
代わりに子どもはご飯をめちゃくちゃたべます。よく食べるw

が、まぁ予想通りというか、卒乳して太りました。
ついでにおっぱいも妊娠前より小さくなりました(涙)

そして、だいぶ大きくなってよちよち歩くようにもなったので、抱っこも減り、運動量激減=体重増加。
もしかしたら「出産したら太る」というのは「卒乳して子どもが大きくなってから太る」ということかもしれません。

頑張ってストレッチやラジオ体操始めました。もどれもどれ私の体型!!(涙)

B004U7YQKO.01.MZZZZZZZ.jpg B004U7YRO4.01.MZZZZZZZ.jpg

UPDATE : 2014/02/26 / Tags

関連記事

新着記事

1 Response

コメントを残す