このエントリーをはてなブックマークに追加

Life

子どもを持つこととやりたいことについて考えた時の話

2014/01/14
Life

昨年周りが結婚ラッシュで、今年や来年はきっと妊娠・出産ラッシュが来るんだろうなーと思っております。
実際、出産予定の人も居るし、子どもを作ろうと思ってる、という人もいて、妊娠中の過ごし方や産後についてちょこちょこ相談されることもあります。

人によって状況は色々ですが、自分の場合どうやって産むと決めたのか、やりたいこととの折り合いの付け方とか、そういうのを聞かれることが多いような気がするので、その辺りを少し書いておいてみようと思います。
子どもとやりたいことで悶々としてる人の何かヒントにでもなれば幸いです。

結婚出産の経緯

私の場合、結婚よりも妊娠が先でした。所謂でき婚ですね。
旦那と年末辺りに結婚でも、なんて話していた年の始め、妊娠が発覚。バタバタと報告に顔合わせに入籍、と春先には済ませてしまいました。
酷い悪阻もなかったので出来たのだと思います。

体力的にきつくなるまで会社に通い、里帰り出産だったので、それまでは自宅で仕事をし、実家にネットを引いてもらい、パソコンを持ち込んで、出産ギリギリまでパソコン弄ってました。

産むべきか?産まざるべきか?

ちょうどフリーランス的に踏ん張りどころ、仕事も友人や昔の会社の伝手で少しずつ増えていた矢先だったので、妊娠が分かった時は正直迷いました。

やりたい仕事が波に乗りはじめてきていたのに、それを諦めなければいけない。
けれど、将来的に子どもは欲しいから中絶して産めなくなってしまうのも嫌だ。

妊娠を報告して、旦那は妊娠を喜んだし、実父母も義父母も初孫が出来ると嬉しそうだった。

妊娠当時28歳と11ヶ月。子どもを産むにはそろそろタイムリミットも近い。

身近に子どもを望みつつ流産してしまった人がいたのもあって、子どもを授かるのは何かの縁なんだろうと思うようになりました。

産まれてくる子と私との縁。
縁があったのなら、産んでみよう。

産む決意は割とあっさりできました。
子どもを持つこととやりたい仕事について悩むのは産んでからでしたね。

育児と体力と欲望の葛藤

妊娠中は産後の事を楽観視してました。

・赤ちゃんは寝るもんだし、寝てる間に家事や仕事ができる
・自宅仕事だから通勤時間もないし、その分仕事も出来る。
・アラサーとはいえまだギリギリ20代。産んでもすぐ動き回れる。

産んでみたら全部覆されました。

全然一人で寝てくれないし、抱っこしてなきゃだし、頻繁に授乳しなきゃいけないし、オムツ替えも慣れなくててこずるし、その間に掃除洗濯料理。
夜中も起こされて眠いし、ご飯もゆっくり食べられない。当然仕事は出来ない。
産後は貧血も酷くて体力も戻らなくて、お世話だけでヘトヘトで、家事するのがやっとの状態でした。

甘かった。なめてた。
こんなんじゃ仕事なんてできそうにもない。

やりたかった事、やらずにいて後悔しました。
産む前にやるべきだった。寧ろ今産むべきじゃなかった。

こんなに何も出来なくて辛いなら、いっそパソコンもミシンもお洋服も、好きなもの全部捨ててしまおうか。
やりたい気持ちを全部捨てて、子どもと家事の奴隷になった方が幸せかもしれない。

そう思いつめて、本気でそうしようとしました。
それは旦那が止めてくれました。

どうして君だけがやりたいことを諦めなければいけないんだ?
夫婦なんだから、協力しようよ。

旦那の協力と子どもの成長に救われた

まず、旦那は私に一人の時間をくれました。
土日の旦那が手の空く時は一人で出掛けられるようにしてくれました。
1〜2時間のほんの少しですが、好きな服をきて、手芸屋さんを覗き、カフェでお茶をする。
それだけでだいぶリフレッシュできました。

それから、子どもの生活サイクルもだんだん整いはじめ、少しずつパソコンに向かえる日ができてきました。
一人遊びが出来る子だったので、それも助かりました。

一時保育や保育園入園も考えました。しかし、予約でいっぱいだったり、自宅仕事はランクが低いからと保育園入園は諦めた方がいいなんて言われて凹みました。仕事が溜まっている時は、旦那に協力してもらい、土日に頑張らせてもらったりしました。

やりたいことを明確にして分かること

少しずつ仕事が出来るようになり、大変ではあるものの、やりたい仕事も出来て、今は充実してます。
子どもが大きくなれば、どんどん手もかからなくなる。
そうすれば仕事だってもっと出来るようになるでしょう。
子どもの手が離れてきたら、私はどうしたいのかな?と改めて考えました。

・洋服のブランドを再開したい
・webの仕事をもっとやりたい
・好きな服を着ていたい

これって、別に今頑張る必要ないんですよね。
後から頑張ったって、出来ること。
今やらなきゃ成功しない、ということじゃない。
後回しにしたら若くないし出来なくなる、なんてのは、ただの甘えなんじゃないかな?

お爺さんになってから大学に通う人もいる。
ゴスロリ系のブランドでも、自分より明らかに年上でブランドやってる人もいる。
自分より年上の可愛いロリィタさんだっている。

歳をとったから、時間が空いたから、そんな理由で出来なくなるなら、今後続けていくことなんて出来るわけがない。
年齢やブランクを言い訳に、甘えてるだけだ。

そう思うようになりました。
妊娠は出来る期間に限界があるし、子育ても子どもはずっと赤ちゃんのままでいるわけではない。
今しか出来ないこと、今だからやるべき事。
それは出産と子育てだな、と思えるようになった。
それからはそんなに思い悩むことはなくなりました。

子育てとやりたい事で悩んでいる人へ

貴方の本当にやりたい事はなんですか?
それはずっと続けたい事ですか?
若いうちじゃないと本当に出来ない事ですか?

ここをまず明確にしてみましょう。
本当の本当に、今しか出来ないことなのか?考えてみましょう。

旦那様は協力的ですか?
あなたのやりたいこと、現状の問題、不満、どのくらい知っていますか?

夫婦だからって何も言わなくても伝わるわけがないんですよ。きちんと伝えてください。
理解をしてもらわなくてもいいんです。
正確に知るほうが大事。

問題、現状、希望さえわかれば、問題を解決するために考えることができますから。
理解しあわないとダメだと思っていると先に進めないので、理解はしあわなくていいんです。
夫婦とはいえ他人同士。完全に理解しあうのはとても難しいんですから。

旦那様が仕事で忙しい?デスマ?
それは旦那様が仕事やデスマを言い訳に会社のせいにして、あなたからも子どもからも逃げてるだけですよ。

本当に家族が大事なら、ほんの少しでも、あなたたちのための時間を捻出することはできるはずです。
頑張って転職するくらいの気合いみせましょうよお父さん。

心を病むと、人はあっさり死を選びますよ。
旦那は働いてるし、と遠慮して、育児ストレスため込みすぎて、子どもとマンション屋上から飛び降りてやろうとしたりしましたもん。
今じゃ笑い話ですけど、当時は本当に本当に辛かった。

電話でもメールでもいいから、夫婦は気持ちを伝え合うべきですよ。

悩んでいることに罪悪感を持たないでほしい

子育てとやりたいこと、言ってしまえば子育てと自分の人生で悩んでいるのですから、そう簡単に答えなんて出ません。

たくさん悩んでいいんですよ。
「こんなことで悩むなんて…」と気負わないでください。

私のやりたいことは後回しで解決したので、あまりヒントにはならなかったかもしれませんが、参考になれば幸いです。

どうか、あなたが納得のいく答えにたどり着きますように。

Category : LifeTags : , , ,

関連記事

2 Responses

  • Furgie より:

    今日は最悪の日でした。
    家の掃除とか洗濯とか夫の自営業の確定申告の修正してたら、昼に翻訳の依頼が来て、6時までやったのに終わらなくて、ご飯もろくに用意できず、息子におやつと残り物で我慢してもらいながら仕事してたら、午後ずっと一人だったから7時過ぎから大泣きして、でも仕事終わらないから一緒に大泣きして、会社に謝って待たせて、ご飯また食べさせて、無理矢理9時過ぎに終わって、お風呂も入れずに寝かしつけて、今晩から雨らしいから洗濯物家に入れて家がぐっちゃぐちゃなん見て、なんかむなしくなりました。
    自分の時間を作りたい…

    • Mei Koutsuki より:

      Furgieさん、お疲れさまです。大変でしたね。
      締切や子どもが泣くのが重なってくると、本当もうどうしようもないですよね。一緒に泣きたくなるのわかります。
      でも、無理矢理でも仕事終わらせて、子どもにご飯あげて、立派ですよ!大丈夫大丈夫。
      部屋なんて時間出来た時に片付けちゃえばいいんです。もしくは旦那さんにお任せしちゃうとかね。
      月に1〜2日でいいから、ママをお休みする日を作れたらいいですね。
      ご飯は出前とか外食、掃除も洗濯もしない、子どもは旦那さんとか子育てサポートに預けるとかして、本当に何もしない日を作る。
      これだけでとてもリフレッシュできます。
      なんとか、自分の時間を作れるといいですね。

コメントを残す




About

中の人:Mei Koutsuki (@mei331)
神奈川でweb作ったり、お洋服つくったりしてる黒いひつじさん。ロリィタ系webクリエイター。12年9月に一児の母となり、自宅で子育てしながらお仕事してます。
>> もっと詳しく