【子連れお出掛け】海を見に行ってきた話

凹んだ時は、海を見よう。

海が恋しい時がある

種子島育ちの自分は、小さい時から海を見て育ちました。そのせいか、時々海を見たくなる時があります。

島では身近でしたが、関東だとちょっと遠い感じがします。夏なら大桟橋まで行くんですがね。

この時期は寒いので、近くにないかなーと探したところ、川崎駅からバスで行ける距離に海を見れそうな公園を発見。早速いってきました。

工場萌えにオススメ!東扇島 西公園

川崎工業地帯にある東扇島。もともと海だった場所の、海のそばにある公園はいくつかあるんですが、今回はそのうちの一つの西公園にいってきました。

周りは工場や運送会社の倉庫だらけで、何にもないんですが、工場の機械的な様子に萌える「工場萌え」にはオススメです。海の上の工場!かっちょいい!

そんな様子を見ながらベンチでのんびりするのは、なかなか良いです。ちなみに息子さんは、

前日の雨で出来た水溜りでびしょ濡れになってました。着替え必要でしたね。

細長い公園で、海の上なのもあり、釣りをしてる人が結構いました。みんな此処で釣りをしていたのかーという発見。そして、川崎港の近くということもあり、こんなだまし絵みたいな船にも遭遇できます。デカすぎる…。

海が見えて、工場が見れて、海釣りができるくらいの本当に何もない公園ですが、いまの家から一番近い海が見える場所かな、という感じです。たまにはぼーっと海を眺めましょう。

川崎市:東扇島西公園

UPDATE : 2017/11/12 / Tags

関連記事

新着記事

コメントを残す