【素材配布有】iPhone+ペン+紙でPhotoshopで使える手描き素材を作る

最近は可愛い雰囲気を出す素材として、手描き風イラストや文字などが使われることが多いですね。
とはいえ、素敵な素材に出会うのも、探すのも意外とたいへん…。
ある程度イラストが描けるなら、自分で描いちゃいましょう!
スキャナがない?iPhoneがあれば大丈夫!!

用意するもの

  • ノート等の紙(方眼などが入っていると良い)
  • 透けやすくてまっさらな紙(クロッキー帳やコピー用紙などでも可能)
  • シャーペン
  • ボールペン(少し太め)
  • iPhone(もしくはiPhone並の画質で撮れるデジカメ)

使用するソフトはPhotoshop(CS5)になります。

1.イラストの下書き

howto_handdrawing01
シャーペンなんかでイラストを描きます。
方眼紙みたいな升目の紙だと「がんばってまっすぐに描こうとしたけどちょっと歪んだ線」とかが描きやすいです。

2.イラストの清書

howto_handdrawing02
透けやすくなるべく白い紙をシャーペンで描いたイラストの上に置き、ボールペンで清書します。
少しにじみが出ると雰囲気がでるので、私はクロッキー帳(クリームコットン紙 60g)を使っています。
ほんのり線がでますが、これくらいなら特に問題ないです。

3.iPhoneで清書したイラストを撮る

howto_handdrawing03
紙とカメラがなるべく水平になるように、影などが入らないように注意しながら撮ります。

4.撮影した写真をパソコンへ送り、Photoshopで開く

howto_handdrawing04
iPhoneと使っているiMacをDropboxで繋いでいるので、この辺りは特に作業もなく、Dropboxで同期するくらいです。
Dropboxなどが使えない場合は、メールなどで送信しましょう(その際は画像がリサイズされないように注意すること)

6.画像データを切り抜く

howto_handdrawing05
まず「レベル補正」でペンで書いた部分を目立たせます。

howto_handdrawing06
次に「明るさ・コントラスト」でよりくっきりさせます。

howto_handdrawing07
背景になっているレイヤーをコピーまたはレイヤーの部分ロックを解除し、「自動選択ツール(許容値は4くらい、アンチエイリアス有り)」でイラスト以外の部分を選択&削除します。

howto_handdrawing08
使いたいイラストを切り抜きます。
分かりやすく背景はピンクにしています。

7.イラストを扱いやすいデータにする

howto_handdrawing09
レイヤースタイルの「カラーオーバーレイ(描画モード:通常)」で黒に塗りつぶします。

howto_handdrawing10
新規に何も描いてないレイヤーを作成し、イラストの描かれたレイヤーと新規レイヤーを2つ選択し「レイヤーを結合」します。
こうすることで、綺麗に塗りつぶされた状態のイラストデータが出来上がります。

howto_handdrawing11
あとはこれを「スマートオブジェクトに変換」などしておくと、拡大縮小しても綺麗なままなので、とても扱いやすくなります。
最初からスマートオブジェクトにする予定だった場合は、途中の何も無いレイヤーとの結合はせず、そのままスマートオブジェクトに変換でもOK。

howto_handdrawing12
縮小しても綺麗。

こんな感じに使えます

handdrawing_image

私なりのやり方なので、他にもいいやり方はあるかも?しれません。
自宅にスキャナーはあるものの壊れてしまい、代わりにiPhoneを使ってみたらすごく手軽だったのでご紹介してみました。
手描きのイラストとかを素材として使ってる人は、どうやって使ってるんでしょう?

素材、配布します

「そもそもイラスト描くのが苦手です!」って人は、よかったら今回作った素材を置いておくので、お好きに使ってください。
商用・私用問わず、お好きにお使いください。
(自分が作った!といって再配布する意外は、特に制限は無いです)

hand-drawing1

PSDデータと透過したPNGデータはこちら(zipファイル / 12MB)

素材を探すのが苦手なので、結局手描きイラストも自分で描いちゃうひつじさんでした@・ェ・@

UPDATE : 2017/11/12 / Tags

関連記事

新着記事

コメントを残す