Adobe Brushが羨ましいのでCS5で手描きブラシを作ってみる

Adobe CC で連携して使えるAdobe Brushが羨ましいので、CS5でも同じような事を再現できないかなーとやってみました。

元ネタは→もっと楽しく!Photoshop活用でデザインの表現力UP 第1回:手書き風味を生かしたガーリィデザイン | Adobe Pinch In

以前、手描き素材をつくる方法を紹介した事がありますが、これの応用、という感じですね。

1.手描き素材を作る

ボールペンで描いてiPhoneで撮影、それをパソコンに転送し、手描き画像データをつくります。
詳細はこちらの記事を参考にしてください

今回は元ネタ記事のような三角フラッグで。

handdrawingbrush01

2.素材をブラシ登録

編集 → ブラシを定義 でブラシ登録します。
表示されている状態でブラシ登録されますので、ブラシに含みたくないレイヤーは非表示にしましょう。

handdrawingbrush02

登録するとブラシパレットに追加されます。
デフォルトではこんな感じ。

handdrawingbrush03

これを調整して使いやすくしていきます。

3.ブラシを調整

まず「シェイプ」の項目をチェックし「角度のジッター」のコントロールを「進行方向」にします。

handdrawingbrush04

ごちゃごちゃ固まっていた形が少し整いました。

次に「ブラシ先端のシェイプ」「間隔」スライダーを調整して、画像が被らないようにします。

handdrawingbrush05

旗がきれいに並びました。

最後に「カラー」の項目をチェックし「色相のジッター」のスライダーを100%にします。

handdrawingbrush06

プレビューではよく分からないので、実際に使ってみます。すると…。

handdrawingbrush07

描画色を青にした状態で使いましたが、コロコロスタンプのように色が変わります。
色が変わらないようにしたい場合は色相のジッターを0%にしてくださいね。

4.ブラシを保存する

出来上がったら、ブラシパレットの右下にある「新規ブラシの作成」をクリックして調整ずみのブラシを保存します。
これをしないと、調整したブラシがデフォルトに戻ってしまいますので、注意してください。

handdrawingbrush08

Adobe CCが羨ましい…

こんな感じで、手描きブラシを作る事ができました。
Adobe Brushでは間隔の調整までiPhoneで設定できるようなので、手軽でいいですね。

Adobe CCは他にもいろんな機能があるようなので、もっと稼げるようになったらアップグレードしたいです!
それまではCS5で頑張ります_(:3 」∠ )_

UPDATE : 2017/11/12 / Tags

関連記事

新着記事

コメントを残す