MacでIEを使う方法

会社でも自宅でもMacを使ってます。
Web制作で避けて通れないのが、IEでの動作確認。
会社にはWinがあるのでいいんですが、自宅にはiMac(OS10.6)さんが1台(使ってないPowerBookG4 OS9もありますが…)あるだけなので、IEでの確認に困っていました。
そこで、はてブだったかな?IEをMac上で実行出来る「PlayOnMac」なるソフトを見つけたので使ってます。

見つけたのは、こちらの記事。
Windows向けのプログラムをMacで簡単に起動する『PlayOnMac』 | Macの手書き説明書

記事に、要X11、またはXQuartzとあったのが気になっていたのですが、ものは試しとダウンロード。
PlayOnMacのダウンロードはこちら

インストールをしている最中に、一緒にXQuartzを入れてくれました。ステキ親切設計。
さっそくIE6を入れて表示してみるとこんな感じに。

ちゃんとIE6だ!変な感じ!
これでWindows買わなくても良いやーわーい!と思っていたんですが、色々と使っているうちに、あれ?っていうがちょっとあったのでまとめておきます。

  • JavaScriptの、window.open();が効かない。→target=”_blank” はちゃんと動きます。
  • ローカルのhtmlをドラッグ&ドロップで開けない。→Fileから該当ファイルを選んで開く事は可能。
  • FlashもFlashplayerを新しくしてねって表示になる。

IE6とIE7を入れて使っているんですが、どちらも上記のあれ?って部分があります。
仕様、なんでしょうかね。うむむ。
表示の確認程度には使えるかなぁ、という感じでしょうか。

そういえば、会社のWinに入れている、IETesterのIE6で透過PNG(PNG-24)が綺麗に透過されて表示されてましたが、あれはいつ直るのでしょうか。

結論:安くて良いからWin機がほしい。

とりあえず、お金が欲しい。@・ェ・@

UPDATE : 2013/01/05 / Tags

関連記事

新着記事

コメントを残す