ひつじと干支の話

ひつじ Advent Calendar 2014 4日め。
本日は干支のお話です( ˘ω˘)

干支の由来

干支のお話っていうと、ネズミが猫をだました話が有名ですね。
ひつじにもなにか由来があるのかなーと思いましたが、そういうお話じみたのはないようです。

ただ、干支にはそれぞれ縁起の良い由来があり、ひつじについては以下のような由来があるそうです。

干支の由来についてですが、未は字義が「味」(み:「あじ」)であり、草木の果実がいよいよ熟し、丁度滋養溢れた状態になることを指しており、後に羊の字が当てられました。
また、羊はめでたい善良な動物であり、同じ行動を取って大勢で暮す事から、群の漢字は羊から作られました。
(引用元:Yamabun – 来年の干支は「未」 未の由来 縁起話 【ひつじ】…

他にも、ひつじは群れて暮らすことから家族の安泰を示す、といわれているそうです。

本日のイラスト

擬人化っぽいようなそんな感じのイラストになりました。
「未」の文字はその昔作った飾り文字で、十二支分作ってた気がします。

UPDATE : 2017/11/12 / Tags

関連記事

新着記事

コメントを残す