「推しだけ検索する奴」をアップデートしました

約1年くらい前に、Twitterの検索結果にイラついて作ってしまった「推しだけ検索する奴」。
大変久々にアップデートしましたのでお知らせします。

アップデート内容

公開してからたくさんの人に使っていただき、リプライだったりエゴサなどで色んな要望を拝見しました。
そして今回は以下の3点を修正、アップデートしました。

・検索結果からブロックしたユーザーを除外
・アドセンスを表示
・アプリの連携レベルを変更

検索結果からブロックしたユーザーを除外します。

ログインした状態であれば、ブロックしたユーザーIDが検索結果にあった場合、非表示になります。
ログインしていない状態だとそのままですのでご了承ください。

アドセンスを表示しました。

付けようかずっと悩んでいたのですが、維持費などもあるので付けさせていただきました。
なるべく邪魔にならない位置にしたつもりです。

アプリ連携のレベルについて

後々のことを考えてずっとアプリ連携のレベルを「Read&Write」にしていましたが、これを危険だと判断されている方がいらしたので「Read ONLY」に変更しました。

twsearch_update2

ログイン状態でそのままお気に入りやリツイートができるようにしたいと思っての設定でした。が、実装がいつになるか分からない感じなので変更しました。

今回のアップデートは以上になります。

その他、頂いている要望や今後の予定など

検索結果の件数や期間を制限しないでほしい

Twitter側が提供しているAPIの『仕様』です。
わたしも出来ることならたくさん表示させたいです。制限もっと緩めてほしいですよね…。

特定ハッシュタグを簡単に除外できるようにしてほしい。

便利そうだなぁと思ったんですが、除外するハッシュタグをどれにするか絞り込めなかったので保留となっています。
除外するハッシュタグの内容を人によって変えられるのもいいかも?と、個人設定ができる方法も検討しています。

画面遷移せず、お気に入りやリツイートしたい

これはリリース当初から実装したいなぁと思っていたのですが、まだまだ自分の知識が追いついていないので、持ち越しになりました。のんびりお待ちいただければ。

(お礼をしたいから)振込先をおしえてくれ

ありがとうございます!推し検索奴を使ってもらえば、その分グーグルさんからわたしの元へお小遣い(アドセンス)が入る仕組みとなりましたので、今後も検索を使ってもらえれば幸いです。

自分の推しだけみたいという我儘のため、勉強のために作っているので、そのあたりをご了承いただき、ご利用いただければと思います。

不具合など見つけましたらご報告ください。また、要望や改善してほしいところなどあればご意見くださると嬉しいです。
今後とも「推しだけ検索する奴」を宜しくお願いします。

UPDATE : 2017/11/12 / Tags

関連記事

新着記事

コメントを残す