全部で28種類!これまで飲んだ色んなフルーツビールまとめました

オクトーバーフェストの季節ですね。
ビールが苦手な人にも人気ということで「フルーツビール」の認知度はだいぶ上がってきたように思います。

とはいえ、フルーツビールにも、ものすごーく甘いものから、意外とそこまで甘くないものもあるんです。
私がこれまで飲んだことのあるフルーツビールの中で、甘かった順にまとめていきたいと思います。

※個人の感想と独断でまとめています。

ジュースみたいに甘いフルーツビール

リーフマン

ベリー系のフルーツがいっぱい入ったフルーツビール。
ビールというより、ベリージュース。
駄菓子屋で昔似たような味を口にしたような…そんな懐かしい味がします。
氷を入れて飲む「リーフマン・オン・ザロック」もあります。
・アルコール:4.2%

フローリス・ミックスフルーツ、ストロベリー

ミックスフルーツはものすごくフルーティで、マンゴーとピーチといったフルーツの味がしっかり際立っています。
ストロベリーも「ジュースかな?」と思えるくらい。
ホワイトビールに果汁を合わせた、ホワイトカクテルと呼ばれる種類なので、とても飲みやすいです。
・アルコール:3%

リンデマンス・カシス、クリーク、アップル、ぺシェ

クリークはさくらんぼのこと。ぺシェは桃です。
色も味も、どの種類もフルーツジュースって感じでビールっぽさがなく、ごくごく飲めます。
・アルコール:4.0%

ピンク・キラー

ラベルと名前が可愛い、ピンクグレープフルーツのビールです。
ビールっぽくなくて、ジュース感覚で飲めますが、アルコールは5%としっかりしてます。
・アルコール:5.0%

シャポー・レモン、ストロベリー、エキゾチック

レモンはそこそこ甘さのあるレモンジュースのよう。
ストロベリーは香りがしっかりしてて、少し酸味のあるイチゴのジュースみたいでした。
エキゾチックはパイナップルの味がします。シャポーは全体的に味がわりと近いかも。
・アルコール:3.5%

チェリー&ベリー、レモンラガー

北海道麦酒醸造のフルーツビール。
写真はローソン限定で売られていた頃のもの。
海外のフルーツビールに比べると甘さは控えめだけど、果実感があっておいしい!
・アルコール:5.0%

すっきりして飲みやすいフルーツビール

ベルヴュ・クリーク

クリーク(チェリー)の味がしっかり分かります。
甘くて美味しい!カクテル感覚で飲めます。
樽生のほか缶でも飲んだことありますが、缶だと少し酸味が強く感じました。
お店やイベントで樽生を飲むのがオススメ!
・アルコール:5.2%

ミスティック・ライム、チェリー

フルーツの甘さや香りを感じるビールです。
さっぱりとした甘さで、飲みやすいですよ。
・アルコール:3.5%

ティママン・ヴァウドヴルフテン、ファロ

ヴァウドヴルフテンは、「森の果実」という意味。カシス、ラズベリー、ブルーべリー、ストロベリーとベリー系のビール。
ファロは後味がリンゴジュースのようでした。少し酸味が強かったです。
どちらもそこまで甘ったるくはなく、スッキリしています。
・アルコール:4.0%

ブーン・クリーク、フランボワーズ

(ブーン・クリーク、空き瓶の写真しかなかった…)

長期間寝かせて作るビールなんですが、口当たりはワインに近いです。
そして酸味が強くてすっぱい!お酢が好きなら大丈夫だと思いますが、すっぱいのが苦手な人は避けた方がいいかも。
・アルコール:5.0%

レモンビール

アメリカのサクサー社からライセンスを受けて日本ビールが作っているレモンビール。
レモンの香りはほんのりとしかしませんが、飲んでみると酸っぱくてしっかりレモンの味がします。
甘すぎず、すっきり飲めます。
・アルコール:4.0%

アップルボック

ホワイトビールにアップルジュースをまぜた、ホワイトカクテル。
リンゴの味がそこまで強くなく、さっぱりしてました。
ビアカクテルな感覚で飲めますね。甘過ぎないのが好きな人にはいいかも。
・アルコール:3.1%

リーフマン・キュベ・ブリット

前述のリーフマンよりは味に深みがあり、あとちょっと苦みもあるかも。
熟成された味というやつでしょうか。
・アルコール:6.0%

ツィラタールラドラー

レモネードとピルスナーを合わせた、ビアカクテル。
アルコールの度数も低く、レモンの甘さはありますが、スッキリしていて飲みやすいです。
・アルコール:2.5%

果物感ちょっと控えめのフルーツビール

綱島桃エール

桃の香りがふわっとしますが、飲んでみるとビールらしい味。
ほんのり桃風味、といったところでしょうか。
・アルコール:5.5%

パイナップル・エール

神奈川の地ビール、サンクトガーレンの春夏限定ビール。
パイナップルが好きなので買ってみたんですが、そこまでフルーツの甘みは感じません。
一般的なビールに比べると甘いかな?香りはなかなか良かったです。
・アルコール:5.0%

湘南ゴールド

神奈川の地ビール、サンクトガーレンの春夏限定ビール。
匂いも味も、ほんのりミカン。甘さは控えめで、少し苦味が強い感じです。
・アルコール:5.0%

ニュートン

名前とラベルの通り、りんごのビール。
リンデマンスやシャポーに比べるとそこまでリンゴの味はしません。
少し炭酸が強く、甘過ぎないフルーツビールが好きな人は好きかも。
・アルコール:3.5%

***

いろんなフルーツビールを飲んできた感じからすると、海外のフルーツビールは全体的に甘くてジュースみたいなものが多いです。
逆に、日本のフルーツビールは苦味が強く、甘さ控えめなものが多い印象です。

ホワイトカクテルのような、ビールとジュースを合わせたものは、ビールが苦手な人でも飲みやすいと思います。
ぜひ見つけたら飲んでみてくださいね。

UPDATE : / Tags

人気のタグ:発達障害JavaScript雑貨DTPcookie子どもとおでかけ育児ファンタジーAjaxjQuery

関連記事

新着記事

コメントを残す