谷中銀座で水あんみつを食べてきた話

画像)谷中銀座で水あんみつを食べてきた話

友人におすすめされて、日暮里にある谷中(やなか)銀座へ行ってきました。

下町感溢れる商店街『谷中銀座』

JR日暮里駅の西口を出て坂を登っていくと、見下ろす位置に現れる商店街が『谷中ぎんざ』です。

これが下町感というのでしょうか。なんだか懐かしい雰囲気があります。

私の実家の方では、こんなに密集した感じの商店街はなかったのですが、それでもノスタルジーを感じます。不思議。

メンチカツなど、その場で食べられようなものも人気で、行列が出来ていました。

他にも、フロランタンの専門店なんかもありました。
いろんな種類のフロランタンがあって、どれも試したくなるものばかり。
この日の夜に行った『Bar FLAT』で買ったものを食べたんですが、めっちゃ美味しかったです。

懐かしいものも新しいものある、面白い商店街です。

谷中ぎんざは猫推し商店街?

谷中ぎんざは、猫推しの商店街らしく、色んなところに猫のオブジェがあります。
街中の旗にも猫が描いてありましたね。屋根の上とかにも居ます。

本物の猫も住んでいるらしいのですが、人が多いせいかあまり会えないそう。
会えたらむしろラッキーなんですって。

谷中ぎんざで見つけた『水あんみつ』が美味しい!

谷中ぎんざには、連日行列が絶えないことで有名なかき氷屋さん『ひみつ堂』がありますね。

しかし今回は水あんみつという名前が気になって『やなか健真堂』さんへ。

和雑貨とカフェのお店『やなか健真堂』

この建物の2階がお店。横にある階段を上って入ります。

和雑貨の販売も兼ねたお店で、カフェスペースは6席だけ。
席から谷中ぎんざを眺められます。

頂いた水あんみつはこちら『春の水あんみつ』です。

プルプルでスッキリした味の水ゼリーに甘い蜜をかけて食べるスタイル。
蜜の濃い甘さが、水ゼリーのおかげで程よい和らぐので、新鮮な味わいになります。

桜あんと、桜色の蜜が春らしくて、すごく可愛い〜!
蜜をかけた水ゼリーに白玉と桜あんを浮かべると、ちょうど猫の肉球みたいになるのもステキ。

水ゼリーと桜あんを一緒に頂くと、あんみつらしさが倍増!
抹茶の渋みでキュッと締めるので、めちゃくちゃ美味しかったです。

売ってる和雑貨も可愛かったので、谷中ぎんざに来たら是非行ってみてください。

やなか健真堂

初めて来たのにどこか懐かしいノスタルジックな商店街

初めて行った場所でしたが、なんだかそこだけ時間がゆっくり流れてるような空間でした。
商店街を出て階段を登った先では、大人がベーゴマに興じていたり、古着物を売っていたりと、帰ってくる時空間違えたかな?と思う場面も。

懐かしい気持ちでのんびりしたい時は、是非散策してみてくださいね。

谷中ぎんざ商店街

UPDATE : / Tags

人気のタグ:ファンタジー雑貨店書評フォント寝かしつけお金の話フルーツサンドwebデザインjQueryJavaScript

関連記事

新着記事

コメントを残す